志望校対策講座と通常講座のどちらの復習が優先か



9月に入り涼しくなりました。
涼しくなると、今年はエルニーニョ現象で、本来は冷夏といきなり言われるのは違和感があります。
8月上旬に東京で連続猛暑日記録をつくったころは、エルニーニョ現象の「エ」の字も出てこなかった気がします。


塾講師で、涼しくなって過ごしやすくて良かったと平然という人がいますが、涼しくなって焦り始める受験生も多いのではないかと思います。


本題に入ります。
タイトル通りです。
9月から土日に志望校対策講座が開かれ、平日の通常の講座と並行して進んでいきます。
家庭学習でどちらを優先したら良いかという問題です。


塾では志望校対策講座の方が重要と言われていると思います。
しかし、これは額面通りには受け止められません。
通常授業優先などと言って志望校対策講座の価値を下げてしまうと、それを受講せずに「家で過去問やる」という生徒が出てくるかもしれません。
他塾を併用する場合もありますし。


某掲示板で、サピックスのSS講座は、サピックスの真髄で、それが最も価値があるというような書き込みを見たことがありますが、塾冥利に尽きる書き込みです。


だからといって、天の邪鬼精神で通常の講座優先というわけでもありません。
個々の状況に応じて考えていきます。


復習は大切と言われますが、理想は復習ゼロで授業中にすべてきちんと吸収し定着させることです。
6年後期ならば、授業中の演習時間で正解を出して悠々と解説を聴いて完結することが理想です。


新出の問題でなければ、復習よりも、問題を初めに解くときに、どこを糸口にして考え始め、どういう解き方をして、正解にできたかどうかが重要です。
これは志望校対策講座でも通常講座でも同じことです。


正解数が多ければ復習量が減りますので、正解数が多い子は志望校対策講座、通常講座関係なく、間違えた問題を復習できます。
優先順位などは定めなくていいでしょう。


余裕があれば、正解になっていても、再度、考え直すとプラスになります。
志望校対策講座の問題は非典型題が多くなりますので、別解に目を向けることも大切です。
復習のときは、初めに自力で解いた方法と異なる解き方をしてみるというような懐の深い勉強は大きな効果があります。


実際は、上記のような、正解数が多くて、なんでも復習できるというお子様は少ないことでしょう。
志望校対策講座と通常講座のどちらかを優先させようということになります。


まず、志望校対策講座が単独の冠講座かどうかということがポイントです。
単独の冠講座は、もちろん志望校対策講座と呼びますが、「難関なんとか」とか、A中、B中、C中を一緒くたにした「ABC中対策講座」なるものは志望校対策講座と呼ぶべきか迷います。


ABC中対策講座は、A中、B中、C中が出題傾向がほとんど同じであればいいですが、普通はそんなことはありません。つまり学校別対策ではありません。
通常講座の延長です。


生徒に「取る講座がない!」と思われることだけは避けなくてはなりません。
特定の学校の合格への対策ではなく、受講してくださることしか眼中にないと言っても言い過ぎではありません。
ただし、通常講座と同等の効果はありますので、受講の意味がないとはなりません。


通常講座の教材は、普通は何年も使っている成熟したものです。
四谷、日能研、サピックスなどの大手塾はともかく、それ以外の塾でも、それなりに高品質です。


ところが、志望校対策講座になると、品質が低下している恐れがあります。
過去問を授業で使うのがベストだと思っている講師も多いですので。


志望校対策講座の教材の品質が高ければ、それをメインに復習ということでいいですが、品質が高いとは限りませんので、単独冠講座でなければ、通常講座の復習を優先した方が無難です。


単独冠講座ならば、その学校の特性を踏まえて作られているので、優先して復習をしたいです。
しかしその学校の個性を反映されているので、非典型題であることが多いです。


非典型題は「できるまで復習をやる!」というように執着すべきではありません。
解説をよく見て、理解してそれで終わりでもいいです。


優先順位は高くても、復習時間はあまりかけないことがポイントです。
入試問題は解いて力がつくものですので、1回教わった問題を反復するよりも、次々と新しい問題を解いた方がいいです。


それに対して、通常講座は、解けるようになって欲しい問題の比重が高いと思います。
優先順位は低くても、教わった問題はできるようにする姿勢が必要です。


そろそろまとめます。
ここから読んでもいいくらいです。

  • 単独冠講座でない場合
    • 通常講座の復習中心
  • 単独冠講座の場合
    • 志望校対策講座の方が優先順位は高いけど、解説を見て理解する程度に抑える
    • 通常講座は解き直して解けるようにする



サピックスが台頭してきたきっかけは、四谷大塚が6年の後期にシリーズ4で総復習している時期に、SS特訓講座で志望校対策講座をやっていることが支持されたからだと思います。


志望校に特化していない万人向けの授業だと、受けが悪いことは承知しております。


しかし、学力を高めるのは、オーソドックスなシンプルな問題を解けるようにすることです。
シリーズ4を扱っていたことは学力向上としては正しい方法だと思いますが、避けられてしまったというだけです。


最近、美味しい料理を出すレストランよりも、人の集まるレストランを目指そうというようなコラムを見ましたが、悲しいけれど、それと同じような話です。

  • 入試問題を解く
  • 志望校対策講座の解説を読んで理解する
  • 通常講座のシンプルな問題を解けるようにする

この3点をバランス良く学習すると良いと思います。


バランス良くと一言で片付けてしまいましたが、お子様によって、最適バランスは異なります。
6年後期の家庭学習の仕方がわからない場合は、スカイプを通じての家庭教師はいかがでしょうか?
現在、火曜日・木曜日はオールフリーですので、四谷大塚の生徒さんを特にお待ちしている状況です。
ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

算数教材塾・探求では、
ひとりでも多くの方の目にふれますようにランキング上位を目指しています。
お力を貸して下さい。
下の左の「富士山(にほんブログ村)」、右の「人気ブログランキング」を
それぞれ1回ずつクリックをお願いいたします。

現在、
にほんブログ村17位(これから上昇を目指します)
人気ブログランキング23位(これから上昇を目指します)
です。




a:3168 t:1 y:1