夏期講習って本当に力がつく?



昨年の6月に
夏期講習は本当に参加した方が良いのか?
というブログを書きました。


今回は、それとはあまり被らずに、主に6年生の学力のつけ方について書いていきます。
一部、5年生にも通じます


3、4年生は1年前のブログと同じことを書きます。


3年生はどちらでもいいでしょう。
学習効果は大して期待できませんが、スパイスのように引き締まる効果はあるかもしれません。


4年生は、1学期とスタイルを変える必要はないでしょう。


通塾していないのならわざわざ通うこともありませんが、体験的に参加してみるのもいいでしょう。
通塾時間がやや長くても、夏休みなら許容できる場合もありますし。


通塾しているのなら、いままで数ヶ月通ってようやく慣れ始めた時期なので、夏はパスというのはもったいないです。
2~7月に通っていたことが台無しになると言っても過言ではありません。


では、本題に入りますが、その前に、
「夏期講習に参加しても生半可なことでは成績が上がりません」
ということを前提にしておきます。


普段、家でほとんど勉強をやらないでダラダラ過ごしていた子が、夏期講習に入り勉強時間が増え、成績が伸びるというケースを除いては、基本的には夏期講習を受けても成績が伸びていきません。


塾講師は、夏に大きく伸びると口を揃えて言いますが、「昨年大きく伸びた子は誰ですか?」と聞いたら、個人情報の問題で教えてくれない以前に、いないから教えられないことでしょう。


しかし、だからと言って、夏期講習に参加せずに家でのんびり過ごしていたら、間違いなく成績ダウンです。


みんな夏期講習に行くので、みんな成績アップもダウンもせずに夏が終わるというのが現実です。


しかし、せっかく高額の夏期講習費を支払うのなら、成績上昇して欲しいと思うのは当然のことです。


最近、インプットとアウトプットという単語をよく目にします。


ちょっと余談ですが、いつも同じような内容の勧誘ブログばかり書いている、あるコンサルタントが、インプットが少ないと、毎日ブログ更新できないと書いていました。
「あなたには言われたくはないなぁ」と思わずにはいられませんが、それは事実だと思います。


探求ブログの更新頻度は低下気味で、インプットが足りないのは間違いないでしょう。


受験生にとってのインプットとは新しいことを受け入れることです。
授業を受けることとか、参考書を読むとかがそれに当てはまります。
対話式算数を読んでいくことも、初めて聞くような内容が多いはずなのでインプットです。


それに対して問題を解くことがアウトプットです。


ブログを書くためにはインプットを多くする必要がありますが、受験生はインプットとアウトプットのバランスが大切です。


夏期講習に参加すると、インプットが多くなりすぎのような気がします。
逆に参加しないと、アウトプットが多くなりがちです。


そのバランスを意識して取り組んでいくと、夏が終わって残暑と呼ばれている間に「成果が出ている!」と実感できることでしょう。


残暑と書くと、つい言いたくなってしまいますが、マスコミの立秋から嬉しそうに「残暑!」と連呼するのはいい加減に辞めて欲しいです。
そろそろ最高気温から下がり始めるだけのことなので、暑いに決まっていますので。
とはいえ、異常気象が定番化し、1年のピークがいつかとか、もうわけが分からなくなっていますが。


話を戻します。
インプットは、分からないことを吸収するので、イメージはつかみやすいと思います。
ところがアウトプットは様々です。

  • 分からない問題を唸っているときは、アウトプット度20%
  • 教わった問題の復習は、アウトプット度MAX50%(レベルによります)
  • 初見の問題で簡単すぎな問題は、アウトプット度30%
  • 初見の問題で解けずに解説を少し見たあと自力で解いた問題は、アウトプット度60%
  • 初見の問題でそれほど簡単ではないけど解けた問題は、アウトプット度100%



個人的な見解ですが、このように同じ問題演習でもアウトプット度に差があります。


塾で長時間、インプットタイムを過ごした場合は、家でアウトプットの度合いを上げないとバランスが崩れます。
しかし、塾から復習の課題が出て、ただでさえ時間が取れないのにアウトプットの度合いが低い勉強をしているとバランスが整えられません。
これが、夏期講習に参加しても成績が上昇しないカラクリです。


塾で問題を解く時間が与えられ、そのときにアウトプットができれば、その後の解説でインプットされても、家で復習中心でアウトプットの度合いが下がっても、バランスが整います。


サピックスは比較的、授業で解いたけど、解説がないという惨いことが起きます。
他の塾ではクレームを恐れ、そういうことを避けています。
「解説もしないのに解かせたの?」と上司に大目玉を喰らいそうです。


しかし、サピックスの一見惨いように思えることが、塾内でアウトプットの時間を得られていると考えると、効果があることではないでしょうか。
仮にその問題が解けずに、家でも大してフォローできなかったとしてもです。


こういうことを書いていくと、問題を解いていけばいいだけなら、高額の夏期講習は無駄?と思いがちです。
その通りです。
「家でインプットできる時間がある」「真剣にアウトプットすることができる」のなら、夏期講習に行かない方が、逆に成績上昇につながります。


そうはいっても、インプットに自信がなく、長いものに巻かれないとということで夏期講習参加を選んだとしたら、家での勉強は、初見の問題中心にすべきです。


学習単元は塾で教わった単元に合わせた方が効率は良いですが、授業で解説された問題の演習中心にならないようにすべきです。


どこの塾でも、教材を隅々まで授業で扱わないと思います。
塾講師は「授業でやった問題の復習中心で、授業でやらなかった問題は余力があったらやってください」というはずですが、復習はほどほどにして、余力があったらと言われる部分にどれだけ力を入れられるかが成績上昇のカギを握ります。


夏期合宿を行う塾もありますが、その期間こそアウトプットに充てた方がいいような気がします。
高額の合宿費を払い気合い注入されるより、インプット・アウトプットのバランスを整えることを優先した方がプラスだと思いますが、そこは個人個人で考え方が異なるでしょうか。


夏休みはとても長く、いろいろな勉強ができるイメージがあったり、ここで飛躍する期待感を持ちやすいですが、普通に過ごすと、夏が終わったときに、「あっという間に終わり達成感はない」ということになりかねません。


あれもやってこれもやってというように、たくさんの単元をマスターする意識ではなく、初見の問題の演習時間を取るということを心がけるだけで、道は開けます。

算数教材塾・探求では、
ひとりでも多くの方の目にふれますようにランキング上位を目指しています。
お力を貸して下さい。
下の左の「富士山(にほんブログ村)」、右の「人気ブログランキング」を
それぞれ1回ずつクリックし、
その下のアンケートのご協力をお願いいたします。

現在、
にほんブログ村10位
人気ブログランキング9位
です。



a:4360 t:1 y:2