国語の家庭教師・個別指導をご紹介いたします



元同僚の国語講師が2月14日に塾を開業いたしました。
(以降:YK先生と呼びます)

今回は、そのご紹介をさせていただきます。
国語に自信のある方は、
この先お読みになられてもほとんど有益な情報はございません。
サーッと下まで行き、にほんブログ村をポチッとして下されば幸いです。
明日は、算数の弱い人向けのブログをしっかり書きます。

私は、同僚で同じ屋根の下で働いてたとしても、あまり仲間意識は持ちません。
雑談もほとんどしません。
責任者は、よく職人になるなと言ってましたが、私は職人を目指していました。
なぜ職人じゃいけないのか、いまだに分かりません。
職人=頑固ということかな

しかし、学力を上げられる講師、実績を出せる講師なら別です。
どういう人間なのか興味があります。
特に文系講師なら、勝利目指して一枚岩でいきたいと思っています。

今回、開業したYK先生と私は最強タッグでした。
お互いが最強だとは思いませんが、
いっしょに組んだときの合格実績が、前人未踏の記録だったからです。
根拠はあります。

5クラス中4番目(念のために下から2番目)でしたが、
浅野に受からなかった子の保護者から怒られたくらいです。
上のクラスでも数人落ちた第2志望校には受かりましたが

同じクラスで、そのお子様と仲の良かった子が聖光に受かっていたからでもありますが、
浅野は射程内という意識を保護者と我々で共有できていたのが凄いことだと思います。
洗足の特待取った子もいましたし。

もう1回書きますが、下から2番目のクラスです。
それもエリートが集まるサピックスではなく、寺子屋を標榜している小さな塾です。

国語の授業ははっきり言って、どういう授業が良いのか分かりません。
単純に学力を上げられる講師が良い、そうでない講師はダメ
としています。

大手塾で、カリスマとかエキスパートとか評されて、
面白く・楽しく・笑いのある活気に満ちた授業をして、
授業人気アンケートは抜群だけど、成績を上げられない国語講師はかなりいます。
口を悪く言えば、
国語の授業は、例えるのが上手ければ、
国語力をつけられる授業をしなくても、楽しく良い授業という高評価になると思います。

YK先生は、前述の通り、生徒の学力を上げていました。
そうでなければ、私のWEBサイトで紹介することはありません。

お薦め問題集でも、良いものしか紹介しませんので、
元同僚だから、とりあえず紹介というわけではありません。

紹介するに当たり、YK先生のWEBサイトを見てきました。

国語についていろいろ書いていましたが、
理系頭の私にはそそられませんでした。
読み手の真剣度の問題だと思いますが

ですから、WEBサイトに行ってみれば分かる!とは言いません。

行っても良さが分からないかもしれないけど、
指導を受ければ数回で、本物ということが分かるでしょう。

あのレベルの講師が家庭教師というのはなかなかないと思います。
本来は、塾でバリバリ授業をするレベルです。

それにしても、YK先生も、私も、そして、
YK先生に負けず劣らずのA先生もB先生もC先生も
去っていく塾って大丈夫なんでしょうか…

余談が過ぎましたが、話を戻します。
お値段は、個別指導でも家庭教師でも1時間5000円です。
断然、家庭教師が良いと思いますが…

私のイメージでは、サピ偏差値45のお子様を55に持って行くのが得意だと思います。
四谷偏差値なら50台前半を60台前半という感じです。

あくまでもいっしょに組んだときで判断していますので、
その範囲外のお子様についてはなんとも言えません。
もっと得意だったり…

でも、サピ偏差値45を55にするのは、1番ニーズがあるのではないかと思います。

横浜の日吉に本拠に構えていて、個別指導はそこで行われますが、
家庭教師は
「もちろん、横浜市、川崎市の方もぜひご利用下さい。」
と書いているので、横浜川崎以外のどこでも行きそうです。

どの科目もそうですが、苦手科目があっても
カリキュラムが終わるまでは手を打たないとか、対策は秋以降
という作戦は負け戦につながります。

放置してできるようになることはほぼありません。
また、放置のつもりはなくても、
効果のないアドバイスをする国語講師もかなりいます…

弱いものは至急、改善!先手必勝です。
そうしないと、これからの授業が無駄になってしまいます。

イメージとしては、新6年生なら、いまから取り組んで
7月くらいには卒業というのがベストだと思います。

秋になって、慌てて家庭教師を探すというのが一般的ですが、
もう少し早く仕掛ければ…という印象です。

ゆくゆくは国語の家庭教師が必要かなと思われる場合は、
お早めに動いて欲しいと思います。

まず、こちらをクリック

くれぐれも、ホームページで判断せず、
1度、お電話等でご相談、そして体験されることをお薦めいたします。
山下健史先生も探求を薦めて欲しいな

算数教材塾・探求を応援して下さる方は、お手間をかけますが、
下の「にほんブログ村」のクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


a:3822 t:1 y:0