6年生も夏は本当に塾の復習だけで良いの?



先日、「夏を有意義にするには」というブログで、5年生を対象としたものを書きました。
そこまで書いて、6年生用を書かないわけにはいきません。
頭隠して尻を隠さずどころの話ではなく、ソフトクリームのコーンしか食べていない感じです。

でも、6年生用は書くのが難しい…
学習状況の差が大きいですし、
各塾の方針も5年生のとき以上に大きく異なっていると思います。

あくまでも参考程度というスタンスが良いと思います。

まず対象者をはっきりさせたいと思います。

①現在の偏差値を維持すれば志望校に受かる
偏差値が停滞中で、志望校合格のために上昇したい
偏差値が志望校合格ラインに向けて上昇中

このうち、今回の対象者は②です。
①、③についてはあっさり書きます。
変わったことはしないで、いままで通り塾の復習をしっかりやりましょう。

いよいよ本題です。②のご家庭を対象に書いていきます。
かなり突飛に感じる意見もあるかもしれないので、
気分を害しましたら、そこで閉じて下さい。

まず前提として、いままで
「復習をしっかり」
と言われてきたのに、それでも停滞しているわけです。

「夏も塾で言われている通り復習重視!」

厳しい書き方をしますが、これで成功するとお考えでしょうか?
いままで停滞しているのに、どうしてこの夏にいきなり大化けするのでしょう。

いままでは予習ばかりやっていたけど、この夏は復習に切り替えるというのなら話は別ですが、
いままでと同じ作戦では効果が薄いということです。

なら、なぜ塾では復習というのでしょう。

言いにくいですが、無難だからです。

ここで1つ想像して欲しいのですが、
ある塾講師の息子さんが、やや低迷気味だったとします。
6年夏の1番ターニングポイントになるべき時期のときにも
ご子息に対して「いままで通り復習で良い!」と言うと思いますか?

では、復習重視でなければどうするか?

予習重視に切り替える?

違います。これだと大失敗となるでしょう。

残りの選択肢はもうお分かりですね。

「弱点分野徹底演習」です。

当日、または前日の復習はやるなとは言いません。
30分程度に抑えて下さい。
足りないなら、お盆休み等にまとめてやりましょう。

お盆まで時間を空けると忘れてしまうというのなら、
仕方ありません。
ただし、そういう問題が極力少なくなるように、授業を真剣に受けることが重要で、
さらに、30分の復習で、忘れそうな問題からやるなどの工夫も必要です。

では、「弱点分野徹底演習」とはどういう勉強でしょう?

これは人によって異なります。
例えば、1つの例として、豊島岡女子を目指している女子で考えてみます。

豊島岡女子は、
立体の難問が出ます。
センスの必要な図形も出ます。
でもやさしい問題もかなり出ます。やさしい問題だけでも、合格ボーダーにたどり着きます。

やさしい問題でも落とす単元があるのなら、1つずつ克服していきましょう。

弱い単元がありすぎの場合はどこから?
と思う人は、豊島岡女子を諦めた方が良いでしょう。受験に奇跡は起こりません。

ちょっと脱線しますが、野球の野村克也元監督に、
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」
という格言がありますが、受験は逆です。

でも、A、Bで戦い、Aが不思議の勝ちなら、Bは不思議の負けのような…
混乱してきます…
ノムさんならではの格言という感じです。

受験においては完璧に、
「不合格に不思議な不合格あり、合格に不思議な合格なし」
です。
受かる要素がない人が受かったということはありません。
まわりの大人の感度が悪く、要素を見落としている場合はあると思います。

脱線終了です。

やさしい問題はほとんど落とさないというのなら、
図形のセンスはあるか?
ないなら「思考的な図形の徹底演習」

それもあるのなら、
いよいよ難敵な「立体図形徹底演習(特に切断)」です。

このように、各々、しっかりやりたいものは異なると思います。
受験校が同じでもお子様の状況によって異なると思います。

そして、適正な学習をすることが、合格戦略になるわけです。

そんな戦略は、もっと先で、受験校が決まってからでもいいのでは?
と思う人がいるかもしれませんが、できる環境なら即実践がいいと思います。
手をこまねいているより良いと思いますが、いかがでしょう?
9月以降決して手持ちぶさたになるわけではないので。

塾によっては、過去問をやるように指示をされている場合もありますが、
対効果は間違いなく低いです。

いま受けても受かりそうな人ならば、効果はあると思いますが、
大多数の人はそうではないはずです。

テレビやゲームで息抜きするよりは、
過去問ゲームで息抜きをした方がプラスになるくらいの感覚でいた方がいいです。
過去問=読書=息抜きです。

重要なことは、復習や過去問も含め、何がお子様にとって適正な学習なのかを判断することで、
その判断ができないのであれば、復習重視が無難だと思います。

最後になりますが、こういった勉強法は親子でよく話し合う必要があります。
お子様は何が必要だと思っているか、保護者様は何をしたらいいと思っているか。
腹を割って話し合った方が良いと思います。

塾の先生が「○○が大切だって言ってたよ」がんばりなさい。

これでは、実際に入試を対峙する戦士に対して、あまりにも子ども扱いでお粗末だと思います。

入試本番で問題を解くために工夫する、
授業では大事なところで集中力を高める、
こういった状況判断力が問われるわけですので、
家庭学習についても、しっかりお子様自身でも考えるべきだと思います。

算数教材塾・探求を応援して下さる方は、お手間をかけますが、
下の「にほんブログ村」のクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
にほんブログ村


選択肢 投票
大変役に立った 24  
参考にはなった 3  
少々役に立った 1  
役に立たなかった 1  
ひどい内容だった 1  
長すぎ 1  


a:2123 t:2 y:0