良問題集探してきました1



良い問題集を紹介したいと思い、いくつかの本屋をまわってみました。



結果は、受験研究社の「実力突破計算と一行問題」?のみです。

これの偏差値63です。

1日あたりの問題が少ないし、
一行問題が確認しておきたい基本知識が多かったからです。



その他の普通の問題集は、良問揃いのものもありましたが、
やはり解説が良くないと思いました。

  • 手書きで板書風
  • 注釈付き
  • 問題に線引き
  • 目立つように赤線、赤文字

など工夫されているものは多々ありましたが、
どれも、その単元がしっかり分かっている人向けで、

「どうしてそうするのか」

という視点がないものばかりでした。

ここが1番大切なはずですが。

問題集を解いてみて、

  1. やっても無意味
  2. 練習できて力になる
  3. 解説を見て力をつけられる・経験が広がる
  4. ミスなどの悪い癖が矯正できる
  5. 解説を見ても力がつかない

この5通りになると思います。

  • 1はレベルのあう問題集をやれば減るでしょう。
  • 2を増やしたいのですが、それは容易なことではありません。

ポイントは、5をなくして、3を増やすことですが、それは問題集の解説次第です。



現状では、優秀なお子様しか市販の問題集は向いていないのでは?

と感じます。

しかしそういうタイプは塾の教材だけでも良いと思いますし、
そもそも市販の問題集に目を向けるのは、弱点科目の補強だと思います。

レベルを下げて基本を徹底的にという考え方なら、良い問題集もありますが、

それほどレベルを下げずに、
どうしてこういうことをするのかということが、
明瞭に分かる問題集を使ってこそ、
効率よく効果を上げられると思います。
a:3462 t:2 y:1