2013フェリス女学院中


概要

今年のフェリスは、フェリスの中でかなり難しい年になりました。
と言いますのも、フェリスは年によって、入試難易度が大きく異なりますので、とても易しい問題ばかり出題のときもあれば、今回のような難しいときもあります。
頻出単元のレベルの高めの速さや文章題はありませんでしたが、思考系の平面図形、思考系の立体図形、概数の問題といったフェリスらしい問題が並んでいました。

問題レベルはフェリス受験者にとって、
A:超簡単
B:簡単
C:標準
D:難しい
E:ほとんど解けない

また、今後の教材で、ぜひ使用したい問題は★で表し、どこで使用するかも載せています。


(1)A
フェリスにしてはやさしめな逆算です。
(2)B
典型題です。解き方が何通りかある図形と比の問題です。
(3)A
フェリスらしい範囲系の問題です。計算はやや面倒ですが、内容はとっても簡単です。
(4)アA
これは間違えないと思いますが、緊張すると4個数え落とすかもしれません。
(4)イD
意外ときちんと正解にするのは難しいのではないでしょうか?基本通りに数えていくだけですが。
★「小4グランプリ算数」に収録予定
(5)アA
中心角は60度だろうと予測し、2:1が出てくるので、予想通りという流れです。
(5)イD
この手の問題を経験していれば、解き方を思いつくと思いますが、そうでないと難しいです。円から正方形をひいて4で割るだけですが、どうでしょうか?
★「小6対話式算数」に収録済み
計算間違いに気をつける典型題です。


2C

(1)A
仕事算のイロハのイです。
(2)①B
A、Bの2日分とCの3日分が同じです。
(2)②A
①ができたら、問題ないでしょう。


フェリスには珍しい点の移動です。設問はフェリスらしいですが。
アA
当然PはBに達していません。長方形のたて、横の比が3:4になるので、実際の長さが分かります。
イA
30で割るだけです。
ウB
1回目は、Pが1辺の3分の2まで行ったときです。
エC
2回目は、APがABの9分の4のときです。1回目と2回目の形の違いを考える楽しい問題です。
オC
Bに着くまでの途中の30秒なので、ホッとします。その30秒の間に折り返していたら、ぞっとします。
作図して、どこが435㎠になるのかを考えます。方陣算的な問題です。


フェリスでときどき出る、思考系の立体図形です。こういう問題は女子は苦戦する人が多いと思います。
ほどほどにがんばり、次の5番勝負でもいいような気がします。
(1)△MEN:B
NEとMNが6㎝なので直角二等辺三角形です。
(1)△MFN:A
三角形EFNと合同になるのは気づきやすいです。
(2)形C
三角形AENと相似になります。
(2)面積C
形さえ分かれば簡単です。
(3)形D
立方体を切断して正六角形になるパターンなので、直方体でも六角形にはなります。
(3)面積E
平面できちんと表すことが大切です。
しっかり論理的に解くためには直角三角形の合同条件が必要な気がしますが、他の解き方があるのでしょうか?
合同条件は中学入試のグレーゾーンで勉強しているようで、していない単元です。
そのあたりの認識は中学の数学の先生ってどうなっているのでしょう?
★「小6集中立体図形」に収録予定


フェリスらしい概数の問題です。後半の規則性はあまり出ませんが、
フェリスらしい問題です。
上の4番で苦戦した人は、ここできちんと正解にしなくてはなりません。
(1)B
慎重に吟味します。答えが2つ書いてあるので助かります。
(2)①A
ルールを守れば簡単にできるでしょう。
(2)②A
①の5個で2を利用して、120個でいくつか求めるだけとなります。
(3)③D
ここで、(1)のウとかエの考え方が利用できます。
分母が5の分数の整数部分だけたしていけばいいことに気がつきます。
あとは計算がちょっと複雑ですが、がんばるだけです。
★「小5グランプリ算数」に収録予定
a:1666 t:2 y:0