東大合格者数


中学入試の難易度は東大合格者数に比例すると言っても過言ではありません。スパルタ教育のイメージの強い中学は例外になりますが、ほとんどの学校はあてはまると思います。

前年度の東大合格者数を見て、その年の人気傾向を探るというのは、塾業界に身を置いている者としては常識だと思います。

しかし、

中学校の評価=東大合格者数

ではいけないという意見もあります。

それは正論ではありますが、東大合格者数が増えると、学校の勢いが増し、教育熱心な良い学校と映るようで、こればかりは自然の摂理という言葉で片付けたいくらいです。

この数年、都立高校の東大合格者が激増しています。日比谷は御三家の武蔵と同数(2013年度)、西や国立はこの20年で最高値です。

都立勢の活躍で、中学受験はやめて高校受験にしようかと考え直す層も相当数いると思います。

しかし、中学受験とは
「6年間同じ環境で過ごすための権利を得るためのもの」
と考えると、
「都立が伸びてきたから高校受験」
というのは少し違うような気もします。
a:1505 t:1 y:0