時間講師


時間講師とは、基本的に、授業だけを行う従業員です。
したがって、勤務時間は夕方5時くらいから夜10時くらいとなり

大卒の人もいますし、大学在籍中の人もいます。

大卒の時間講師の特徴は、とにかく

  • 子どもが好き
  • 教えることが好き

これは間違いありません。
ただし、専任講師にくらべて、

  • 電話対応に長けていない
  • 入試情報に詳しくない
  • 戦略的な進路指導が不得手

ということもあるようです。

大学在籍中の時間講師は、2極化しています。

ほとんどの人は、
時間講師を始めたきっかけは、高い時給のアルバイトの感覚だと思いますが、

  • そのアルバイト感覚が残っているバランスの良い時間講師
  • いつしか、教えることが生きがいになって、正社員以上に熱く授業を行っている時間講師

というように分かれます。

ただし、まだ大学生ということで、経験が浅く、
入試情報に疎く、進路指導が得意という時間講師はお目にかかれません。

塾によっては、生徒を指導している時間講師に相談することができず、
教室長が窓口になって、その欠点を補うところもありますが、
やはり、普段授業を担当している講師と直接話し合った方が良いことは間違いありません。

また、大学生の時間講師の多くは、代講の割合が高いという欠点があります。
a:1033 t:1 y:2