倍率速報


入試本番が近づいてくると、日能研や首都圏模試センターなどのWEBサイトで受験校の倍率を簡単に知ることができます。

また、私立中学の中には、願書の出願日から、出願状況を日々更新して、WEBサイト上で提供してくれるところもあります。

せっかくの情報ですが、私には正しい活用の仕方が分かりません。
出願倍率が高くても易化している場合もあれば
出願倍率が低くても難化している場合もあるからです。

どのくらいの偏差値の生徒が受験しているかが分からなければ意味がないような気がしますし、
かえってそれで惑わされて、心身の疲労の恐れもあります。

ということで、結論は


入試倍率速報は見ない


これでいって下さい。
「人気の動向を知らずに受験するのか!」
と思われるかもしれませんが、それは違います。
人気の動向は、11月までにきちんと分析して、それをもとに受験パターンを考えるのです。
1月になって「人気があるからどうしよう」ではないということです。

また、11月段階で「難化する」と評判の学校は、
学力が低めの受験生がその後、避ける可能性があるので、
「難化」という評判の割りに、蓋を開けてみたら、意外と倍率が低いなと思う場合は要注意です。

人気動向は受験パターンを決める前までしっかり確認して、
それ以降は耳を塞ぐのが良いと思います。
a:994 t:1 y:2